イメージ画像

株式とFXの大きな違いは損切りの重要性、その理由とは

株式投資を5年、FX投資を4年経験している私ですが、正直に申しますとFX取引は株式取引と比べ物にならないほど魅力的な投資法だと思っています。ただ、株式投資におけるメリットの一つとして考えているのは、株を塩漬けしたとしても多少の利益を得られる、という点です。

一企業の株式を購入した後その株価が下がっていった場合、本来ならば損切りをしなくてはならないのですが、損切りを怠るとどうなるでしょうか。もちろん含み損が膨らみます。しかしそれはあくまでも含み損であって、決済しない限り損失確定にはなりません。そして株価が下がったとはいえその株を保有し続けることにより、配当金を受け取れることができるというのが大きなメリットです。ですから株式取引の場合、FXと違って損切りが必ずしも必須ではないのです。

しかしFXトレードの場合はいかがでしょうか。FX取引では配当金はありませんが、スワップ金利が毎日受け取れます。ですから株式取引とほとんど変わらないのでは?いやいや逆にFXの方が断然お得!というご意見もあるでしょう。しかし、FX取引には株式取引にはないレバレッジがかかっています。少しの値幅で大きな利益にもなり損失にもなります。

確かに買いポジションを建てた場合毎日スワップ金利が付与されますが、仮にその通貨が下がっていったとしたら、含み損はみるみるうちに膨らみます。長期運用の為のポジションだとしても、ロスカットラインに達せばスワップ金利を受け取る前に強制決済となってしまいます。下手したら次のチャンスをつかむはずの資産もほとんど残らないかもしれないのです。FXの場合、塩漬けが事実上できません。長期運用をするとしたら、相当量の余裕資金がなければならないのです。

そうした理由から、FX取引は株式取引以上に損切りが重要なのです。投資で勝率10割はありません。もちろんFX投資も同じです。ですから負ける時にいかに上手に負けるか、言い換えるなら、素早い損切りでいかに損失を抑えるかが重要ポイントなのです。

FX取引で長期運用を手掛ける場合、ある程度の含み損に耐えられるように必ず余裕のある資金でトレードするようにしましょう。それでも損切りラインに達したら、躊躇なく損切りをすることが必須です。デイトレの場合はとにかく素早い損切りが重要です。含み損、塩漬けという概念を頭から拭い去らせましょう。この損切りをいかに上手に行うか、これがあなたのFX生命に重要な影響を及ぼすのです。肝に銘じておきましょう。

FXの成功・失敗体験談から学びました、失敗は成功のもと!

FX投資家の勝ち組は全体の1割と言われ、その1割の中のカリスマトレーダーと言われる凄腕トレーダーたちの勝率は7割だそうです。つまり100%勝てるトレーダーはいないのはもちろんのこと、失敗するトレーダーが数多く存在し、資産をすべて失いFX取引から身を引かざるを得ないトレーダーも少なくないということです。しかし資産が無くなる前に、失敗から学んだ教訓を活かして勝ち組に入ることも十分可能です。私の存在がそれを証しています。私も失敗から学び、今現在勝ち組に留まっているFXトレーダーの一人だからです。

私の失敗は取引通貨量が主な原因です。取引通貨が多ければそれだけ稼げるのだからと思って、初めての取引からLot数を多めに設定しトレードしていました。早めに損切り、というのも頭にたたき込んでいたので問題ないと思っていたのですが、FXはそんなに甘いものではありませんでした。損切りは早めにしていたので、1回の取引で取り返しのつかないほどの損失は出していませんでした。しかし思うように利益を得ることができないというジレンマに面していたのです。

というのは、取引通貨数が10万通貨、多い時は20万通貨ほどで取引していたので、ちょっとでもマイナスにレートが動くと不安になってしまい、すぐに損切りをしてしまっていたのです。そして損切りを繰り返していると心理的にマイナス要因となり、レートがプラス方向に進んでも「またすぐにマイナスになるかも」と不安になり、結局すぐに利確をしてしまっていたのです。ですから損切りの速さは天下一品、しかし大切な利益を重ねることができず、蟻地獄にハマったかのように損失を少しずつ少しずつ積み重ねていってしまったのです。

この失敗から学んだのは、初心者は取引通貨数を極力減らして取引する重要性です。その失敗から我に返った私は、まずマネーパートナーズで口座開設をして100通貨単位の取引でトレーダーとしての再起を図ることにしたのです。マネーパートナーズは業界唯一100単位通貨で取引できるサービスを展開しています。それに注目した私は、まず100通貨単位の取引で徹底的に経験を積むことに専念しました。すると以前では見えていなかったことが見えるようにもなったのです。

例えば、テクニカル分析の基本を無視していたことや、いわゆる「衝動買い」をしていたことなど、いろいろなことに気づきました。それら改善点を改善し取引を重ねることにより、100通貨単位での取引なりに利益を積み上げることができ、私も自信を持って取引できるようになったのです。

失敗はしたくないものですが、失敗から教訓を学びそれを活かすことが出来た時、本物のトレーダーになることができるのです。言うなれば、「失敗は成功のもと」ですね。これからもおごることなく謙虚にFXと向き合っていこうと思っています。あなたも失敗を恐れないこと、仮に失敗をしても謙虚にそこから学ぶこと、それを忘れずにFX取引に励んで下さい。そうすればいつの間にか資産は倍増しているはずです。

現在はゆとりを持って取引できてます~FXの体験談をご紹介

私が子供の頃は土曜日も登校していました。日本の教育環境が今と比べてかなりタイトな日課だったんですよね。今は小中高通じて基本的には週休2日制です。土曜日も休みですから、まさにゆとり教育が浸透したと言えます。教育に関してもだいぶ欧米化が進みましたね。

実は、日本の教育環境の推移と私のFX取引方法の変化がとても似通っていることに最近気づいたんです。FX初心者時代は、時間があればいつでもパソコンに向かって取引をしていました。ポジションを保有していないと何だか落ち着かない気分にもなり、ある意味FX中毒だったかもしれません。今現在はというと、夜の15分間だけの取引です。多くても30分以上は取引をしません。まさにゆとり取引です。

FX取引を重ねて気づいたのは、稼げる時間帯だけで取引すれば十分に利益を重ねられる、ということです。流動性の悪い日本時間のお昼頃に取引をする必要はなく、ニューヨーク市場とロンドン市場の取引時間が重なる夜の10時~短時間取引するだけで十分なのです。実際一番稼げる時間はその時間帯です。それに気づいてからは、夜の15~30分間だけ取引するようになりました。その時間に自分の得意とするパターンで売買し、数万の利益を出したらそれで一日の取引は完了です。その他に長期運用のためのポジションを保有していますし、自動売買ツールも利用して24時間取引をしています。それらだけでも月に数万円~数十万円の利益になるので、デイトレはしなくても良いぐらいです。

もし疲れていたり、気持ちが乗らない時は無理してデイトレはしません。気持ちにゆとりがあれば、ゆとりのある取引ができますし、資金に余裕が生まれると気持ちにも時間にも余裕が生まれる、そう、正のスパイラルが発生するのです。ですから私のFX取引のポイント、ゆとりある取引は成功の秘訣なのです。資金・時間・気持ち。この3点にいつもゆとりを持たせること、これが成功への道となると私は考えていますし、実際に体験済みです。

後は常に目標を持って取引をすることも心がけています。そうするとモチベーションも高まり、だらけることもなくなります。今現在の目標は海外移住です。オーストラリアあたりに移住することを夢見ながら取引していますので、自然と気持も高ぶり、取引への集中力も増していきます。あなたも何か達成可能な簡単な目標を建てて取引すると、成功への階段をさらに駆け上がることができると思いますよ。

FXの事をもっと知りたいならコチラ→http://fxplusone.com/

このページの先頭へ